モビットの申込は転職が続くと不利になる

以前のキャッシングはバイトで生活をしている人はむつかしいと言われていましたが、雇用形態の変化により、バイトをしていてもキャッシングができやすくなっているといえます。

大手消費者金融モビットでも年齢20歳以上65歳までの安定した収入があるかたであればパートやアルバイトをして収入を得ていれば安心して申込みができます。
ただ安定した収入が有るということになっていますので、収入のない専業主婦や年金だけが収入源といった高齢者のかたは申込ができません。

モビット即日融資申込には審査があり、審査の結果によって利用できないこともあります。
審査の目的は「申込者にお金を貸しても回収できるかどうか」というところを重く見ていますので、返済が続けられると判断されればお金が借りられますが、不安要素が有ると判断されれば断られることもあります。

この判断材料で重要になるのが勤続年数で、おなじ会社で長く勤めていれば安定した収入もあり、社会的責任もあると認められるので審査に通りやすくなりますが、短期間の間に転職を続けていると「こんどいつやめて無職になるかもわからない」といった不安から審査に通るのが難しくなります。
バイトはキャッシングをするのはむつかしいという理由に、短期のアルバイトをしていると年収が確定しにくいため、融資をしても返済できるのかいうところで判断がつけにくいから、と言われています。
正社員もバイトも同じで、同じ勤め先に長く勤めていれば審査に通る可能性は高くなります。